2020年2月19日水曜日

脱炭素チャレンジカップ2020 文部科学大臣賞&オーディエンス賞受賞

本日行われた脱炭素チャレンジカップ2020において、逆川こどもエコクラブが文部科学大臣賞と来場者投票NO1のオーディエンス賞のW受賞を、サポーターの千波湖水質浄化推進協会がオーディエンス賞を受賞することができました。
逆川こどもエコクラブは、2018年の世界湖沼会議がきっかけで愛知の劇団シンデレラとコラボを続けてきました。
本大会では、劇団シンデレラwith逆川こどもエコクラブで出場。来場者を感激の涙でいっぱいのステージにしての受賞です。出場の平山明日夢くん、平山穂乃花さん、飛田優香さん。そして、劇団シンデレラ、素晴らしい感動ありがとうございました。サポーターの千波湖水質浄化推進協会では、毎年のカッパさんがアオコに変身、市民の千波湖浄化の活動を身体を張って披露してくれての受賞です。桜場会長、アオコの上野さん、石井さん、本田さん、小島大知くん、常磐大学松原ゼミ生8名で頑張ってくれました。
会場には、クラブの中高大学生、クラブサポーターや茨城県地球温暖化防止活動推進員含め45人が応援に来てくれました。皆さんのご協力ありがとうございました。






霞ヶ浦環境科学センター 環境学習フェスタで発表

霞ヶ浦科学センターで、学生発表会があり、逆川こどもエコクラブはホタル再生とSDGsについて、15分間のプレゼンを行いました。
難しい質問も応じて、立派なメンバーでした。



2020年2月10日月曜日

サケ稚魚の放流学習会行われました。

本年度最後となる千波湖環境学習会には100人の親子が参加。サケクイズなどを行い、今年生まれた稚魚を放流しました。ホーリーくんも参加して楽しめました。




2020年1月30日木曜日

本日の読売新聞に、小島大知くんが掲載されました。

大知くんは、本年度、地球温暖化や環境保全等を6回において学ぶエコカレッジ職域コースを社会人に交じって受講。
SDGsや気候変動に対応できるスキルを習得し、地球温暖化防止活動推進員になるための講座を修了しました。
既に推進員を得ている高校生のメンバーはOBコースを3回受講するアドバンス講座も終え、修了証が手渡された。
クラブ中学生以上のメンバーはラムサールネイチャーガイドも取得し、環境保全と地球温暖化を伝えるリーダーに成長しています。


2020年1月28日火曜日

こども環境フォーラム開催結果

昨日は第15回こども環境フォーラムが開催され 多くのサポーター、メンバーが集まりました。一年間の活動報告と目標付けを行い、情報を共有しました。水戸市長様はじめ たくさんの来賓もいただき、ありがとうございました 今年1年頑張ります。



2020年1月27日月曜日

ラムサールネイチャーガイド講座の修了式

本年度の涸沼ラムサールネイチャーガイド養成講座の最終会が行われました。
最後は涸沼の水鳥観察。双眼鏡で、渡り鳥を観測しました。
双眼鏡の使い方や鳥の説明など、ガイドになるための知識を得ることができました。最後に修了証書いただき、ラムサール事務局登録のガイドに認定いただきました。1年間、涸沼の自然を学び、植物観察、魚釣り、しじみ獲り、野鳥を案内できるようになりました。
午後は第15回こども環境フォーラムを70名で行っています。





2020年1月20日月曜日

1月26日は第15回 こども環境フォーラムが開催されます。

主催:逆川こどもエコクラブ 共催:ホタルネットワークmito、econetいばらき
新年交流会を兼ねまして行われます。

基調講演は、地球温暖化防止全国ネットの高橋文彦先生をお迎えしています。
「アフリカのウガンダで動物と子供たちを守る体験記」

発表会は、子供たち1年間の様々な活動報告が予定されています。

1月26日(日)13時開場 ~16時30分頃まで
「県立青少年会館」水戸市緑町1-1-18 TEL029-226-1338
恒例のお年玉抽選会もあります。

メンバー、サポーターの皆様方はお集まりくださいますようお願いいたします